20周年記念イベント(6月18日)

2017年6月18日 10:00-17:30 一橋大学佐野書院(地図はこちら

一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻は本年、今年設立20周年を迎えました。

1997年の設立から二つの世紀をまたぐこの間に世界の構図は大きく変化し、グローバルな問題への取り組みは重要度をいっそう増しています。この世界を正確に把握するために学問の分野を超えて新しい視点を探求し、そして問題解決に向けての取り組みに努めてきた本専攻は、内外の多くの研究者や学生の思考や実践の交差する場となり、また教職員はじめ多くの人々の熱意と努力に支えられてきました。おかげをもちまして、現在、本専攻の修了生は400名近くに達し、各分野で活躍をしています。

20周年を記念して、本専攻の取り組みを社会科学研究と高等教育の将来につなげる記念シンポジウム、修了生の活躍を紹介し修了生・在学生のネットワークを新たにするパネル・ディスカッション、そしてレセプションを以下のように企画しました。どうぞみなさま、ご参加くださいますようお願いいたします。

参加を希望される方は参加申し込みフォームを記入し、KOBAYASHI.Miyuki@r.hit-u.ac.jpに送ってください。

本専攻の受験を考えておられる方は、出席登録をされていなくても当日の参加が可能です。直接会場にお越し下さい。

またFacebook からも情報を発信しています。

地球社会研究専攻20周年企画事務局
(足羽、ルイス、太田、小林)


第一部 10:00 – 12:30

“Does Global Studies Open New Dimensions in Social Sciences?
Challenges to Research and Higher Education”

Keynote Speech

Studying Transnational Trajectories: What Do We Learn about Nation and Citizenship in East Asia?

Prof. Yasemin Soysal (University of Essex)

Panel Discussion
  • Prof. Jonathan Lewis (Hitotsubashi University)
  • Dr. Takeshi Itoh (Sophia University),
  • Dr. Yutaka Nakamura (Tama Art University)
  • Prof. Crispin Bates (University of Edinburgh, Hitotsubashi University)
  • Chair Prof. Yoshiko Ashiwa (Hitotsubashi University)

第2部 13:30 – 15:30

パネル・ディスカッション

「地球社会研究専攻修了生のジョブ・キャリア」

司会:太田美幸・福富満久

パネリスト:

  • 表恒伸(大地を守る会:1999年度修士修了)
  • 山本訓子(国際交流基金:2004年度修士修了)
  • 吉岡礼美(NHK:2013年度修士修了)
  • 寺崎陽子(トヨタ財団:2014年度博士修了)
  • ウチラルト(オーストラリア国立大学:2009年博士修了)
  • その他の皆さん

第3部 16:00-17:30

レセプション

大学院入試説明会(6月17日)

社会学研究科では、平成30年度(2018年4月)の入学をめざす方々のための大学院入試説明会を開催します。研究科および専攻の紹介、入試の説明等に加え、教員が直接、個別相談にあたりますので、質問のある方は、ぜひこの機会をご利用ください。なお、事前の申し込みは必要ありません。

地球社会研究専攻

日時: 2017年6月17日(土) 11:00~13:00
会場: 一橋大学 国立西キャンパス 本館2階 26番教室

【内容】

  • 地球社会研究専攻の説明
  • 教員の紹介とメッセージ(地球社会研究専攻の全教員が参加予定)
  • 募集要項の説明
  • 質疑応答
  • 教員・院生への個別相談

(総合社会科学専攻の説明会が14:00から、21番教室で開催されます。詳しくはこちらをご覧ください)。

バナナのサプライチェーン(地球セミナー5月10日)

地球セミナ

Moral Infrastructures in the Making of Banana Supply Chains between the Philippines and Japan.

日時:2017年5月10日、17時10分〜19時10分

場所:佐野書院小会議室(地図はこちら
講師:Alyssa Paderes, Ph.D. Candidate, Dept. of Anthropology, Yale University
Global commodity studies is a flourishing body of literature, and its popularity attests to the appeal of the supply chain construct as a way to analyze globalization. Yet its “follow-the-thing” methodology has made it easy to forget other movements developing around the same commodity chain. For Filipinos living around banana plantations of the greater Davao region in the southern Philippines,there is a real sense of anxiety raised by the invisible capillaries of the banana supply chain. “Unthingy” matter like pesticide traces, illicit transactions of farm inputs are debris of the supply chain that cannot be captured, quantified, or regulated by modern logistics. As such, they require a wholly different set of politics and political actors.

 

In this presentation, I share my initial reflections on the overlooked distribution networks that course into and branch out of banana supply chains. I divide this into three sections: (a) Toxic Debris, (b) The Limits of “N-P-K (Nitrogen, Phosphorous, Potassium) Mentality,” and (c) Follow the Yellow “Brix” Road. I hope to demonstrate how extra movement into and from the supply chain complicates any clean way of understanding human and environmental costs and benefits of banana trade. Beyond the obvious stakeholders, who (and what) else is paying the price of bananas? What counts as “cost” in the first place?

These preliminary findings are based on 6 months of fieldwork around the multiple banana plantations of Mindanao, representing the first phase of an 18 month-long dissertation project between the Philippines and Japan.