The ISGI Logo

To mark the tenth anniversary of its founding, in 2007 we decided to commission a logo for our Institute.

地球社会研究専攻が設置されたのは1997年4月。その創立10周年を記念し、本専攻では、ロゴマークの制作を決定しました。

The designer was Monica Peon, who has been described as a “pioneer in postmodern graphic design” in Mexico. After studying design in Mexico and the United States and working in the Netherlands, Peon had established design offices in Mexico City and Toronto.

デザイナーはモニカ・ペオン氏。メキシコの大学とアメリカの大学院でデザイナー教育を受け、オランダの有名事務所で修行したあと、メキシコシティとカナダのトロントにアトリエを開いて活躍するデザイナーです。

After listening to our description of ISGI’s aims and activities, Peon decided to base her design on the following four points:

ペオン氏は、本専攻との情報交換を行い、以下の諸点をデザイン着手の出発点としました。

1. We are pioneering a new kind of research and teaching within a university with a long history.

1. 地球社会研究専攻が一橋大学という歴史ある学術機関のなかで新しい学問のありかたを追求していること。

2. This attempt to find a new approach to research and teaching is like “pouring new wine into old wineskins.”

2. 学問の更新とは「古き革袋に新たな酒を注ぐ」作業を続ける意思と運動であり、地球社会研究専攻はそれを目指していること。

3. We have three guiding principles in our research and teaching.

3. 地球社会研究専攻の3原則を教育研究の基盤としていること。

4. We are an international center for research and teaching.

4. 地球社会研究専攻が国際的な研究教育活動のセンターであること。

Based on their, Peon developed a design concept with three main features:

これらを踏まえ、ペオン氏はデザイン・コンセプトを次の3点におきました。

1. Express ISGI’s organizational aspects textually, using neutral, orderly lettering.

1. 地球社会研究専攻の制度的側面を中立的で整然とした形式性ある文字部分で表現する。

2. Express ISGI’S activities, including its three guiding principles, symbolically.

2. 3原則など地球社会研究専攻の運動体としての本質をシンボルで示す。

3. By combining textual and symbolic elements, show that ISGI is both an institution and a moving body of people.

3. 両者の組み合わせにより、制度体でありかつ運動体でもある地球社会研究専攻を表現する。

And so our logo was born out of Peon’s deep understanding of our institution, plus of course her creativity. Peon herself described the design process as follows:

本専攻についてのペオン氏の深い理解とその創作力のなかから生まれたのが、このロゴマークです。以下は、ペオン氏の言葉です。

“ISGI’s three guiding principles are not isolated but work in harmony with each other, so I chose a loose triangular shape. The design has movement, emphasizing interdisciplinarity, collectivity and freedom. The brown color expresses the strength built up over ten years in a university with a long tradition; the blue, development and the future; the green, life. By organically combining graphic elements, text and color, I wanted to express ISGI’s organizational and human aspects.”

「地球社会研究専攻の3方針は、閉じられることなく呼吸しあっており、それをゆるやかな三角形で表現した。動きあるデザインは、学際性と集団性と自由さを強調している。茶色は伝統ある大学で10年を経た堅固さを、青色は発展と未来を、緑は生命を表す。デザインと文字と色調の有機的全体で、地球社会研究専攻とその人間性を表現した。」