About us

The Institute for the Study of Global Issues was founded in 1997, becoming the world’s first graduate program in global studies.

1997年に設立された地球社会研究専攻は、専任の教員をそろえたグローバルスタディーズの独立専攻としては、世界の大学においても初めての組織です。

We believe that the issues facing the contemporary world need to be understood from a global perspective and with global ideas. Conflicts and new kinds of wars that continually flare up; poverty and development in the Global South; poverty in rich countries; the exploitation and conservation of the global environment; expanding information networks; people moving in search of safety and people moving in pursuit of a better life… gaps and disparities, clashing values, logics of power and ideals of co-existence.

現代の世界が直面する課題は、いずれも地球規模の視点と発想を要求しています。絶え間なく発生する紛争と新しい形態の〈戦争〉、発展途上国の貧困と開発、さらには豊かな国にも共通する国内貧困、地球環境の破壊と保全、地球規模で拡大する情報ネットワーク、生命の安全をもとめて故郷を離れる人々、そして豊かな生活を夢見て国境を越える人々……、差別と差異、せめぎあう価値、力の論理と共生の理想。

At the Institute for the Study of Global Issues, we try to understand these issues as global problems, and to seek possible solutions while listening to the voices of those living through these often traumatic times. In order to do that we have to develop ideas and methods that cut across social science disciplines, and also span both the social and natural sciences.

地球社会研究専攻は、これらを地球規模の問題群としてとらえ、問題の渦中に生きる人々の声に耳を傾け、解決の方途を探求しています。そのためには、従来の社会科学の分野の境を超え、さらには文理融合を求める発想とアプローチが必要とされているのです。

Our Masters and PhD students build their research projects based on individual advice from our faculty. Students follow lecture courses offered in our curriculum, but depending on their needs they also attend lectures and seminars in the Institute for the Study of Social Sciences or in other graduate schools of Hitotsubashi. They are also encouraged to incorporate their outside activities into their research. We are open to all who want to engage with global issues.

本専攻は学生一人一人が探求する課題について教員が助言をしながら、学生とともに作り上げていく専攻です。学生は本専攻で準備しているカリキュラムを中心に、必要に応じて総合社会科学専攻および他の研究科の授業やゼミを受けることや、学外での活動を研究にとりこむことも可能です。地球社会研究専攻は、地球規模の課題群に積極的に取り組もうとする人たちに開かれた大学院です。

The Challenge facing us

私たちには何が求められているのか

In the social sciences and humanities to date, both the topics to be studied and the conceptual frameworks to be used have been established in western countries and then adopted by researchers in other regions. In other words, there is a global intellectual hierarchy. In today’s globalizing world, this Eurocentric perspective is becoming more and more widely shared in all countries. Many researchers neither come from nor study the West but have been educated there. When they bring those Western intellectual norms back to their home countries, they reinforce the Eurocentric intellectual system. This further universalizes the analytical frameworks developed in the West, giving them an internationally privileged position in all areas of research.

これまでの社会科学や人文科学には、欧米諸国が問題領域や研究枠組みを設定・発信し、他地域の研究者もそれを受け入れて課題解決に取り組むという、世界的な知の階層性がありました。グローバル化が進展する現代世界では、欧米諸国が生み出す問題関心の共有化が各国でますます進んでいます。非欧米諸国出身者にしても、また非欧米地域を対象とする研究者にしても、その多くは欧米諸国で教育を受けてきました。そして、そこでの問題関心を持ち帰ることにより、欧米中心の知的体制の基盤作りに参画してきました。こうして欧米諸国で開発された分析枠組みは一層の普遍性を獲得し、それぞれの学問領域で国際的な特権的位置を占めるに至っています。

This Eurocentric intellectual system has undeniably allowed researchers in non-Western countries to share common topics and approaches and encouraged dialogue on contemporary issues. However, we believe that researchers, while continuing to participate in the global exchange of ideas, need at the same time to maintain a critical stance towards the production of knowledge and information centered upon Western universities.

このような欧米中心の知的状況が、非欧米諸国の研究者間における問題関心の共有、同時代的課題についての対話の促進等を可能にしてきたことは否定できません。しかし、このような知的状況下において今われわれに求められているのは、知の世界的共有が重要であることを十分に認識しつつ、欧米の大学等を中心とする知や情報の生産様式に対し、批判的なスタンスを維持することであると、地球社会研究専攻は考えます。

Applying this to education and research

現状認識から教育研究現場へ

Based on the above awareness, in our teaching and research we try to:

本専攻は、上記の現状認識を次のような形に組み替えて教育研究の場に投じます。

maintaining a critical stance

批判的スタンスの維持

—resisting the temptation to analyze and understand research topics from a purely Eurocentric perspective—;

ユーロセントリックな枠組みだけで研究関心を分析・理解する欲望を抑えること。

searching for alternatives

オルタナティヴの模索

—trying to incorporate non-Western perspectives into our choice of research topics, frameworks and methods—;

現代における課題や問題枠組み、方法に関する非欧米的視点の獲得に努めること。

telling the world

世界への発信

—communicating our research interests in a persuasive way, thereby building a foundation for joint research.

それを世界に対し説得的に発信するため、共同研究の場の構築を目指すこと。

Key CONCEPTS AND GOALS

独自のコンセプト・教育研究目標

We therefore have three principals in our teaching and research:

本専攻は、それをさらに次の3つの教育研究目標として具体化しています。

issue-focused

問題に焦点をあてて考えていくこと

Social science has followed a trajectory of splitting into different disciplines, each of which then pursues its own research agenda and develops its own methods. However, it is difficult to make sense of the various problems confronting the contemporary world from the standpoint of any single given discipline. Therefore we attempt the opposite approach: rather than looking at problems from the perspective of a single discipline, we attempt to grasp issues as a whole and to understand their complicated contexts. From there we formulate research questions for the various fields of social science, and construct frameworks within which solutions can be devised.

社会科学は、政治学、経済学、社会学のような個々のディシプリンに分岐することで学問を深化させてきました。しかし、現代世界の諸問題を個別の学問領域の中だけで読み解くことは容易ではありません。そこで本専攻では、発想を逆転させます。すなわち、個別ディシプリンで問題に近づくのではなく、目の前にある問題全体を把握してその複雑な文脈を解きほぐし、そこから社会科学の諸領域に検討課題を下ろし、問題解決のフレームワークを構築するという認識方法です。

solution-oriented

現実的な解決を志向すること

The world’s problems do not exist for the sake of social science. The mission for social science must be to work towards solving, or at least mitigating, those problems, while never forgetting the people who have to cope with them in their daily lives. We are interested in exploring solutions to real-world problems rather than advancing armchair theories.

今日の地球規模の問題群は、社会科学のためにあるのではありません。問題に直面する人びとから眼をそらさず、彼らの声に耳をふさがず、問題の軽減もしくは解決を図っていくことこそ社会科学に課された使命のはずです。本専攻では、机上の理論的解決ではなく、実現可能な解決策を模索し提示する方途を考えます。

de-Eurocentric

西欧中心の思想から脱却すること

The majority of the world’s population live a hybrid cultural existence, incorporating elements of Western culture into their indigenous or inherited cultures. In searching for solutions to issues confronting Asia, the Middle East, Africa, Latin America and other non-Western regions, we must be careful not to impose principles and ideas that may seem self-evident in a Western context. This is not easy for us, educated as we have been in the West or in institutions modeled on Western ones. However, we try to question the Eurocentric assumptions that underpin contemporary social science.

グローバル化した世界人口の大部分は、西洋文明を取り入れつつも地元の文化を生きる人びとです。アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ等非西洋圏で発生する諸問題の解決にあたっては、西洋世界が当然としてきた原理や思想、発想の押しつけにならないよう注意すべきです。本専攻では、近代西洋型教育を受けてきた私たちには容易ではない、しかしグローバル時代に必要な、西欧中心の思想の問い直しに取り組みます。

Based on these three principles, we aim to do research and teaching that contributes to improving people’s lives from four perspectives: security, sustainability, creativity and identity.

これらの基本方針のもとに、次の四点、1. Security(安心・安全) 2. Sustainability(持続可能性) 3. Creativity(創造性) 4. Identity(アイデンティティ) を研究と教育の中心におき、地球社会と人々の生活の質の向上を追求します。

wide range of visiting faculty

多彩な客員教員陣

Visiting faculty from collaborating institutions

連携協定機関からの客員教授

ISGI has formal collaboration agreements with Mitsubishi Research Institute, The Japan Foundation, Japan International Cooperation Agency, and The Japan Institute of International Affairs. Visiting faculty from these institutions give our graduate students insights into what is happening on the front line of operations and research in their respective fields. They can provide useful information about events and projects relevant to students’ research projects, as well as advice about careers.

本専攻は、三菱総合研究所国際交流基金JICA(国際協力機構)日本国際問題研究所と連携協定を結び、教育や研究に活かしています。本専攻の院生は、これらの研究機関からの客員教授・准教授として招聘される、第一線で活躍する研究者や責任者から刺激ある講義を受けるだけではなく、連携機関が行うシンポジウムやプロジェクト企画等の情報を得て、参加することにより、社会における実践知の組み立て方を学び、研究やキャリア形成に役立てていくことができます。

Visiting faculty from overseas

海外から招く客員教授

Every year we welcome a visiting professor from overseas for a six- or twelve-month period. Teaching generally in English, these visiting faculty introduce theories, methods and insights from their research fields. They also provide students with the opportunity to present and gain feedback on their research projects without the assumption of familiarity with the local academic or social context.

本専攻は、毎年度1-2名の客員Ⅲ種教授を海外の研究機関から招聘しています。これまで、ロシア、タイ、ベトナム、オーストラリア、イギリス、メキシコ、インド、ドイツ、米国、トルコ、フランス、フィリピン等から、第一線の研究者が本専攻で教育に当たってきました。最先端の講義を受け履修単位を得るという貴重な経験に挑戦してください。

Visiting faculty for practical subjects

実践科目群の客員教授

We also have visiting faculty to teach skills that are necessary for students’ research and further careers. These include data processing and analysis, and documentary-making, taught by leaders in their fields.

実践科目群では、連携協定機関から招聘した客員教授の講義の他に、社会科学の統計をはじめ、地球社会研究専攻でとくに重視している電子メディアや映像技術の能力を高めるための、専門家による講義も準備しています。この講義には、映像作成の「技術」だけではなく、その技法を使って新たな活動やキャリアを実践して新しい分野を切り開き、組織や個人として独自に展開している実践者を招聘し、その知見を十全に学生に伝えるとともに、受講生とともに、問題意識を開拓することを行います。

See here for details of current and former visiting faculty.

現在所属されている客員教員についてはこちら


Read more about our logo mark, designed by Monica Peon.

地球社会研究専攻のロゴマークについて。