外の世界に開かれた地球社会研究専攻

ウチラルト

(オーストラリア国立大学アジア太平洋学院 中華全球研究センター リサーチ・オフィサー/文化歴史言語研究センター 博士研究員)

私は博士号を取得後、日本の大学で数年教鞭に立った後、現在は、オーストラリア国立大学アジア太平洋学院において働きながら学んいます。今は二つのプロジェクトに関わっています。ひとつは中華全球研究センターという新しく設立された中華圏(中国、台湾など)を対象とする研究所においてリサーチ・オフィサーとして、オーストラリアと日本の中国研究のネットワークの構築を担当しています。アジア太平洋地域において中国がその存在感を増していくなかで、トランスナショナルな中国研究者のネットワークを構築し、政治、経済、歴史、文化など学際的な視点から、中国及びその近隣の世界にアプローチしていこうというのが狙いです。そして、もうひとつはオーストラリア研究議会助成のプロジェクトで、東アジアの草の根のサバイバル・ポリティックスを検証するものであり、日本、韓国、台湾、中国、モンゴル、北朝鮮を対象とする共同研究プロジェクトのなかで、私は博士研究員としてモンゴル地域(内モンゴル自治区、モンゴル国、ブリヤート共和国)の研究を担当しています。

私は、地球社会研究専攻に在籍していた期間、教室のなかだけではなく、大学の外においても多様な体験と出会いに恵まれました。修士課程の時に、恩師の勧めでロンドン及び北京で英語の勉強及び修士論文の資料の収集をして過ごしました。その後、英語での論文出版、英語での学会発表も行い、それらも現在の仕事に結びついた一つのきっかけです。また、博士課程の時はフィールド・ワークのために中国の河南省を中心に、河北省及び北京に二年間近く滞在する機会をえました。ゼミ活動の一環として日本におけるローカルな有機農業の活動にも深く関わりあい、意識と制度がコミュニティ形成を通じてどのように相互に関係するのかを知ることができました。フィールド・ワークも含めた研究遂行には、岩国育英財団及びサントリー文化財団の助成を受けましたが、財団の方々や自分の大学以外の同世代の若者と出会い、親交を深めることも大きな収穫でした。このように地球社会研究専攻にはプロブラムだけでなく、学生も教員も一つコミュニティとして常に外の世界に開かれた環境を提供しているので、そのなかでひとりひとりが自分の研究課題を追求し、それをつうじてユニークな世界を見つけ、関わっていくことができる専攻だと思います。

私が地球社会研究専攻を受験した時、あまり将来のことは考えていませんでした。おそらく「将来」というものはどこかにあるものではなく、ひとりひとりが切り開いていくものだと思います。その意味で、皆様が地球社会研究専攻においてそれぞれユニークな将来を作り上げていくことを期待しています。